顎口腔機能学の勉強会に参加しました。

  • 投稿カテゴリー:お知らせ

こんにちは。歯科院長の門脇正知です。

12月8日に、当院ドクターと技工士さんと共に山口県歯科医師会館にて、「顎口腔機能学」についての勉強会に参加しました。

噛むこと(咬合)は、口の中のことだけでなく、顎の関節や周囲の筋肉にも影響し、しっかりと噛めることで誤嚥、肺炎、認知症のリスクを減少させることができます。

ドクターが患者さんの特徴を正しく理解し、情報を正確に技工士さんにお伝えする。

技工士さんは咬合器(被せ物、入れ歯を作る際に模型上で噛み合わせを再現する器械)の特性を理解し、適切な設定のもと補綴物を製作する。

ドクターと技工士さん双方でのポイント、注意点とコミュニケーションの大切さを再確認できました。

当院では技工士さんが2人常駐しており、診療室で実際に患者さんを診てもらいながら、補綴物を作製しております。

患者さんとドクター、そして技工士さんとのコミュニケーションのとりやすい環境というのも当院の強みです。